ファッションレプリカフェンディバッグ

フェンディファミリーは、第二世代のANNAFENDIの娘はその後、1994年に同社に入社クリエイティブディレクターの毛皮の付属品を務めました。 MariaSilviaVenturiniFENDIは、創造的な才能の家族–KarlLagerfeld文化の中で育ちました。彼女が就任したとき、医師はすぐに新たなスタートパッケージを作るために進んで、我々は最も人気のあるSELLERIAシリーズを再設計しました。しっかりと女性の心の大部分の把握のこのシリーズは、今な表情で美しさ、愛のファッションあなたと!

レプリカフェンディバゲットハンドバッグ

1997年には、家族フェンディバゲットハンドバッグシルビアベントゥリーニFENDIの第三世代は非常に、長く、小さな狭い形状、バゲットのほとんどのように、それはまた、ストラップを取り壊すことができますし、即座になっているアクセサリー引っ張りだこを作成し、開始しましたハンドバッグや財布。今日、バゲットまだFENDI時代を超越したファッションアイコン、女性の最も切り離せない「パン。」バゲットコース “スティック”それほど単純ではありません。シルビアは常に芸術の美的ビジョンを使用して、バゲットの豊かな生活は、色、ファブリック、細長い狭い、広い、太りすぎの変化の詳細のいずれかを逃さなかった、800のデザインの多様性を導入しています。最も貴重なだけでなく、ほとんどのコレクター12の一つ。

レプリカフェンディベルベットSelleriaバッグ

ローマのサドルは、手作りSELLERIAは前例のない成功を収めた貴重なCUOIOROMANOの革のハンドバッグの製造のために組み合わせて使用するマスターのスキルを作ります。ローマの遺産のSELLERIAショーFENDIハンドバッグシリーズ、非の打ちどころのない作品 – 各バッグユニークな魅力のクラフトを示し、多かれ少なかれです。 2013年にはシリーズSELLERIAにおける新たな章になることを運命づけられている–8独自の新しい段落スタイルはADELEFENDIと5女彼女の名前(FRANCA、PAOLA、CARLA、ALDA、およびANNA)の名前に、王朝の女性FENDIの一般を構築するように。

レプリカフェンディは、プチ2joursバッグを発売しました

2JOURハンドバッグファッションハンドバッグのデザインは、その実用性を失っていないされ、打ち上げはずっとファッションの人々の後に愛され、求められているため、優れた品質の材料は、非常に耐久性のあるハンドバッグを作り、袋の容量及び構造は、別の機会のニーズを満たすために提供されています。 2Jours-TOUJOURSフランスは説明したように、「多くの場合、 “あなたは、エバーグリーン、まだスタイリッシュなアクセサリーだけではないです。名前のハンドバッグのように、各ハンドバッグはまた、二元論の考え、2つの材料の組み合わせ、異なる毛皮や革象嵌に忠実です。